栄養専門学校に通う双子ママのくらし

2017年から栄養専門学校に通う双子ママです。貯蓄のこと、暮らしの工夫など。

手作りおやつ 面倒な時は生協の無添加おやつ

こんにちは。
今回は、子供のおやつについて。

今平日は保育園でおやつを食べています。

 

スポンサーリンク

 

子供のおやつは食事のひとつ

子供のおやつは食事の補填、1度にに多く食べられないため重要な
栄養補給源、大人のおやつの感覚とは異なります。
以下が、理想的なおやつと言われております。

・午前と午後に1回づつ
・飲み物もセットがよい (市販の糖分が多いジュースは✖️)
・糖分が多いものよりカロリーが多いものを選ぶべし。
 →蒸したさつま芋、焼きおにぎりなどよいです。

我が家は基本的に米色なのでおやつは小麦系を出すことも多いです。

小麦もグルテン過敏性腸症といって成長障害を起こしたりと、問題視されることも
ありますが、あまりうるさいことを言っても楽しみがなくなりますので週末のおやつ
はクッキーやパンケーキを作ったりすることもあります。

我が家でよく出すおやつ

頻度が多い順の我が家のベスト5。  

1.ヨーグルトに果物を混ぜる
.ふかし芋、大学芋
3.手作りスコーン、ビスケット
4.パン(無添加)にハチミツをぬったもの

5.生協のかぼちゃプリン、煎餅

手作りはスーパーで売っている菓子より安心安全です。無添加でない限り、
市販品はショートニング、乳化剤、香料などの添加物はだいたいはいっているイメージ。
不要な添加物や糖分はできるだけ取らせたくないですよね。

牛乳にアレルギーがないなら果物をミキサーで混ぜてフルーツジュースもお勧め。
牛乳も賛否両論ありますがね、我が家では飲ませています。

大学芋は揚げ焼きで

揚げるのは面倒ですが、細く切って少しの油でもフライパンでできます。
大きめサツマイモ1本を細く切ってフライパンに並べ、油を大3ほどまわしかけ、
しばらく放置、水分が抜けてきたら油をふき取り蜂蜜をまわしかけごまを振って終わり。


少し醤油をたらすと香ばしくなって美味しい。

P_20170214_110949

油が少なくてもカリカリにできます。こども達も大好きです。

最近は手作りビスケット 

なかしましほさんのスマイルビスケットは最近よく作ってます。
ネットでもよく作ってる記事をみかけます。材料これだけ、かなりシンプル。
・小麦粉/全粒粉        60/60g
・塩 ひとつまみ
・油(うちは米糠油)  大2
・メープルシロップ    大2

作り方に少しコツがあって、油を手早く混ぜないと生地がまとまらない!
いまだに生地がまとまらないと少し水を足して無理矢理まとめてます…。
味が落ちている、絶対に。動画を参考にすることをお勧めします。


写真のものは子供達に顔を描いてもらったもの。型抜きがないので鮭フレークのカップ
を使用しました。やりづらいけど、できなくもない。

P_20170207_144826

味も素朴で優しい甘さで「まいにち食べたい」、というキャッチコピー通りはまる。
本当はこんなに綺麗で可愛い。比べると残念すぎる。

58

 

面倒な時は市販のもので

面倒な時は市販のものですませてます、いつも作るのは大変。
ただ、無添加のものを必ず選んでいます。生協のせんべいやかぼちゃのプリンなど。
果汁ジュースもストレートのものを。

スーパーで売っているものに比べて割高ですが、安心ならば高くない。
どこにお金をかけるかは人それぞれですが。

子供にはなるべく安心安全のものを食べて成長してもらいたいと思っています。



最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しました。更新の励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

 

スポンサーリンク