栄養専門学校に通う双子ママのくらし

2017年から栄養専門学校に通う双子ママです。貯蓄のこと、暮らしの工夫など。

《児童手当貯蓄》ジュニアNISA口座を作りました

こんにちは。
我が家の児童手当の貯蓄方法について。

2月に児童手当が給付されましたね。

 

スポンサーリンク

 

児童手当は一人につき合計198万円給付される

 

15歳までの合計給付は198万円になり、と結構な教育資金が貯められます。
(第3子以降は合計252万円給付)

我が家では児童手当を大学費用の一部として使用する予定です。
高校までの費用はフローと+既存貯蓄を使用します。
⭐︎教育資金は計画的に、毎月の積み立て額の算出

児童手当の貯蓄方法を色々検討してみました。(思いついたのはこのくらい)

・投資信託
・学資保険
・個人向け国債
・定期預金

個人向け国債、定期預金は金利が低すぎて問題外。
学資保険だと税控除も受けられるメリットはありますが、インフレリスクに備えるのなら
投資信託かな、ということにまとまりました。

教育資金はなるべく目減りしたくないので安定感のあるバランス型でいくことに。

分配金ゼロで複利効果に期待

利回りが4%として月1万円の積み立てで18年間運用すると
216万円の投資額で314万の資産になる。やっぱり長期運用は複利効果がすごい。

リスクもありますし、順調に4%の利益がだせれば、の話ですが。

ジュニアNISA口座って?

ジュニアNISAは年間非課税投資枠は80万円(5年で最大400万円)で、18歳までは原則出金できない。

メリット

・最長20歳まで非課税となるロールオーバーが可能

デメリット

・口座の入金は贈与の一部、年間110万まで非課税
・損益通算できない
・18歳まで口座から出金すると課税
・ジュニアNISA口座の金融機関をかえると課税

とりあえず投資口座は1つだけで積み立てで運用していく分には20歳まで非課税でお得に運用できる。
20歳過ぎて通常の課税口座に移す時に損をすることもある?程度の理解で正しいか。


04
SMBC日興証券より



2018年には積み立てNISA口座ができるとか?色々ついていかなくては。
課税枠も広がるかもしれないから今後も注目大です。

ファウンド探し、ファウンド運用費が安いものが◎

比較的安定しているインデックスファウンドのセゾン・バンガード・グローバルバランスファウンドでジュニアNISA口座を作成し、月に1万円の積み立てをすることにしました。(昨年末に申し込み)

決め手は自分も2年前からこちらで運用を始めていて安心だったから。

投資信託はノーロード(販売手数料無料)で信託報酬が安いものを探すのが定石。
今思うとインデックスファウンドにしては運用管理費が0.69%なのでちょっと高いですよね。。


実は今年1月に老後資金用で楽天証券で世界経済インデックスファウンドの積み立て投資を
追加で始めたのです。こちらはファウンド運用費が0.52%、
こども口座早まった、と少し後悔したのでした。(セゾンの申し込みの方が早かった)

ジュニアNISA口座は作ってしまったら基本的に移せなそうなのでよく比較検討することをお勧めします。(移すのに前の口座を廃止して、課税されて、とか面倒そう)


節税対策やお金を働かせることをしていきたい

5〜7年前までは貯蓄というと定期預金で積み立てをしていました。
けど、いまの金利ではしようとは思いませんね。

ここ数年投資信託の話をよく耳にするようになり本を読んだりして少し勉強しました。
投資が恐いのはもはや古い考えなのか、個人型確定拠出年金も始まったし、あれも投資だなあ。


お金の増やし方おしえてくださいの山崎さんも言っておられる
「もう既に投資は一般的になりつつあり、投資からは逃げられない状況」

あー、そうなのか。


ふるさと納税もそうですが、ただ税金を払うだけでなく+αいただけたり
節税して年金運用したり、どんどんお得な制度を利用しなくては差がついていく。

色々と将来に備えてお金を有効活用していきたいなと思いました。



最後までおよみいただき、ありがとうございました。


にほんブログ村テーマ
子どものいる暮らし。

にほんブログ村テーマ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

にほんブログ村テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

 

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

スポンサーリンク