専門学校に通うママのくらし

2017年から栄養専門学校に通う双子ママです。貯蓄のこと、暮らしの工夫など。

《雇用保険》専門実践教育訓練給付金の申請と必要な書類など

こんにちは。
ご縁があり、このブログをご覧になってくださりありがとうございます。


4月から雇用保険の給付で専門学校に通います。

ykmizoguchi.hatenablog.com

 


専門実践教育訓練給付金に関する記事が少ないので、給付をうけるまでの必要書類の準備と申請までの流れをまとめてみました。

41c351ae58f70ef3b8003474c23b390d_s

 

スポンサーリンク

 

 

専門実践教育訓練給付金とは?

簡単に言うと、2年間の学費の40%(上限96万)と毎月の給付をしてくれる雇用保険の制度です。(2016年に拡充された)
 毎月の給付は失業給付の50%〜80%となるよう。(年齢と金額によって多少変わるらしい)

ややこしいのですが、学費の給付が専門実践教育訓練給付、生活費の給付が教育訓練給付という呼び名です。混乱する。。

それぞれの別の給付なので認定日も別になります。ですがわたしの通うハローワークでは同じ日に設定してくれています。学校に通うわけですからそんなに休みたくないですよね。
 
ちなみに、出席率が80%きってしまうとその時点で給付がなくなります。それと、欠席した分は給付金減額されるのでそのあたりも注意が必要になります。

ちなみにわたしの基本給付日額が約5800円ほどなので、おそらく毎月8.5万ほど、給付される見込み。(まだ給付されていません)

スポンサーリンク

 

まずは専門学校を決めて願書を出す

専門実践教育訓練は厚生労働省で決められた指定講座でないと給付対象になれません。まずは厚生労働省のホームページから自分がなりたい職種の学校が近くにあるかが重要かと思います。

地方だと選べるほど数がないかもしれないです。
→⭐︎教育訓練給付制度について[厚生労働省]

行きたい学校をいくつか決めたら学校説明会に参加し、願書を出します。わたしの場合、最初から食育コースがある栄養専門学校にしぼっていましたが、一応説明会に参加しました。まあ若い子ばかりでした。。

10月に学校説明会参加、11月頭に願書を出し、11月末に面接し、12月頭に合格通知をにいただいたのでその後速やかに退職願を出しました。(退職日は1月末)

ジョブカードを作成し、キャリアコンサルタントの予約をしよう!

専門実践教育訓練給付金を申請するには離職票、雇用保険被保険者証と完成したジョブカードが必要となります。

離職票と雇用保険被保険者証は退職後、1〜2週間後に会社から郵送でいただけます。

退職が決まったらジョブカードを作成することが最初です。履歴書のようなものになります。
以下のサイトから必要書類をプリントアウトし、必要事項を記入しておきます。

ジョブカード総合サイト[厚生労働省]


・キャリアプランシート
・職務経歴シート
・職業能力証明(免許・資格)シート
・職業能力証明(学習歴・訓練歴)シート


記入できたジョブカードをもとにキャリアコンサルタントを受け、ジョブカードを完成させます。
(キャリアコンサルタント担当者が OKと認めて印を押していただいて初めて完成となる)

キャリアコンサルタントの予約は管轄のハローワークに電話し、その旨をお話しすると電話番号をおしえてくれるので自分で予約します。民間の会社になりますので地域によってかわると思われる。

専門実践の申請と同じ日にキャリアコンサルタントの予約もいれておくとどちらもハローワークでできるので一度で手続きが済みます。

申請が終わってもまだハロ〜ワークにいかなくてはならない

専門実践教育訓練も他の求職者と同じ扱いになるので失業認定を受けることになります。なので求職活動が必要になり、就職準備相談会と雇用保険説明会に参加することになります。

※実際に求職活動をしないため、これに参加しないと初回給付がうけられないことになってしまう!
 キャリアコンサルタントも求職活動の1回にカウントされますが、待機期間終了後からのカウントとなるので同時に申請した場合カウントしてくれるか微妙です。

初回認定日あわせると1ヶ月以内に3回はハローワークにいくことになります。

<わたしの場合>

1/31 退職
2/3   離職票が届く (普通1〜2週間かかります)
2/6   ジョブカードをもってキャリアコンサルタントを受ける
    専門実践教育訓練給付の申請をしに窓口へ
2/23 就職準備講習会へ出席
2/27 雇用保険説明会へ出席
3/6   初回認定日 (予定)

訓練給付金は失業給付が終わったら自動で切り替わる

失業給付とのからみがよくわかってなかったのですが、失業給付が90日間給付された後、自動的に訓練給付金(失業手当の50%〜80%)に替わるようです。

失業給付の50%〜80%になったら日額が3611円以下になるかご確認ください。3611円以下であれば扶養に入れるので配偶者の会社へ申請をしましょう。

待機期間と訓練給付期間は扶養にはいろう!

わたしは自己退職なので失業給付がいただけるまで3ヶ月の待機期間があり、その間も扶養に入る手続きをしています。扶養控除に入っていない場合、待機期間中も年金や健康保険を自腹で払うことになり痛い出費になります。

逆に失業給付中は日額3611円を超えるので扶養から抜く手続きをしなくてはいけません。

まとめると、わたしの場合は失業手当期間だけ扶養から外れてしまうので以下の3段階の申請をしてもらうことになるのです。(人事の方ごめんなさい)


1、退職後、離職票を持ってハローワークに申請をする
  →ハローワークからいただける雇用保険受給者資格票と一緒に扶養に入る申請を会社にだす

2、待機期間終了後、失業手当の給付開始
  →扶養を外す申請を会社にだす

3、失業給付終了後、教育訓練給付に切り替わる
  →ハローワークからいただける失業給付終了届けと一緒に扶養にはいる申請を会社にだす


待機期間中に扶養に入った方がお得なことはハローワークではおしえてくれません!
申請をお忘れなくです。




最後までおよみいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ