専門学校に通うママのくらし

2017年から栄養専門学校に通う双子ママです。貯蓄のこと、暮らしの工夫など。

《厚生年金》3歳未満の子を養育している方必見!! 養育特例の申請

こんにちは。
ご縁があり、このブログをご覧になってくださりありがとうございます。


時短勤務している人必見、子供が3歳になるまでの期間養育特例を申請できます。
この申請をすると将来もらえる年金額が減らずにすむのです。

b11e49fbc73229f0924030161ddb0205_s

 

スポンサーリンク

 

 

養育特例とは?

3歳未満のお子さんを持つ厚生年金保険加入者を対象とする制度です。

育休明けのママは時短勤務や、残業できずに一時的にお給料下がることが多いです。お給料が下がった分将来もらえる年金も下がってしまうので、子育てによる将来の年金額低下を防止すべく、はじまったのがこの特例措置です。

年金機構→→⭐︎養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置


退職後でも大丈夫!2年遡ってできます。
退職後は書類を年金事務所宛に郵送することで申請できます。

パパも申請できます。理由はなんでもよく、通勤手当が安くなった場合、残業ができなくお給料が減った場合などさまざま。奥さんが専業主婦でもOKです。

詳細説明

毎月お給料から天引きされている厚生年金保険料は、標準報酬月額というものに保険料率をかけて算出されています。基本給をはじめ、残業代や各種手当(通勤手当も!)などの合計額も含みます。

そして将来年金をもらうときも、この標準報酬月額が使われます。

今回の場合、育休明けママさんの場合どうなるかというと、

時短で給料が下がる       → その下がった標準報酬月額が将来の年金額の計算にも反映される
(標準報酬月額も下がる )

ということになってしまいます。そこで子供が3歳未満の間だけ、下がる前の標準報酬月額を使って年金額を計算しますよ、という制度なのです。

ポイントは、天引きされる保険料の計算には下がった「後」の標準報酬月額が使われること。


もともとは標準報酬月額30万だったママが、時短のため給料が下がり標準報酬月額が25万になった場合、特例措置の手続きをすることで将来の年金額計算には30万が使われますが、給与から引かれる保険料は25万なのです。 

とりあえず申請しよう!

この申請は任意のため、本人の申し出がない限り申請していない場合が多いとおもいます。会社も社員ひとりひとりの状況をを把握していないですしね。

必要な書類

1.厚生年金保険養育期間標準報酬月額特例申出書
  →⭐︎養育期間の従前標準報酬月額のみなし措置

2.戸籍謄(抄)本または戸籍記載事項証明書 (原本)
3.住民票(原本)


在職中の方

会社の人事に、養育特例の手続きがされているか確認してみる。(この手続きは会社は任意です)されていなかった場合は書類を準備して、会社経由で年金事務所に提出してもらいます。

退職した方

わたしもそうですが、年金事務所に郵送しました。

 

知らなきゃ損する制度がある

わたしも最近しったので遡って申請しました。
2年しか遡れないのでもうすぐきれるところでした。。 あぶないあぶない。

本人が申請しなければ適用されないお得な制度って結構ありますよね。雇用保険の専門実践教育訓練給付金もそうですし実費で通うのとはえらい違いです。
 

ykmizoguchi.hatenablog.com

 

やらなきゃ損する制度は色々情報を集めて活用していきたいです。


最後までおよみいただき、ありがとうございました。


にほんブログ村テーマ
子どものいる暮らし。

にほんブログ村テーマ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

にほんブログ村テーマ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

 

 


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ