専門学校に通うママのくらし

2017年から栄養専門学校に通う双子ママです。貯蓄のこと、暮らしの工夫など。

《教育費》高学歴夫と低学歴妻、対照的な夫婦が子供の将来について話し合ったこと

こんにちは。
ご縁があり、ブログをご覧になってくださりありがとうございます。
 

夫は高学歴、まじめなタイプ。

わたしはお恥ずかしながら高校中退後、プラプラして20歳で通信高校に行き、卒業した結構ダメなタイプです。

そんな対照的な夫婦が子供の将来について教育費はいくら必要だろうと話し合った時のお話です。

 

スポンサーリンク

 

結果から話すと、一人につき1000万用意するか~。

今の時代働き方も多様で、起業している人やフリーで活動している人も多く、ブログやSNSで稼いでいる人なんかも結構いる。

子供たちも大学に行くのでなく海外にって勉強をしたい、とか、〇〇したい、とか突拍子もないことを言ってくるかも。

でも結局、今は想像がつかないよね~、という結論になりました。

 

でも貯蓄の目標として何か指標がほしいので大学進学までの教育費を算出すると中学まで公立、高校から私立で計算して約1000万になりました。

 

以前も同じようなことを検討していました。

ykmizoguchi.hatenablog.com

 

スポンサーリンク

 

低学歴なわたしは必死で勉強するだけではつまらない、と思ってしまう。夫よりコスパよく稼げていたし。

先日テレビでみたのですけどね、子供(男子)3人東大にいれ、さらに末娘も東大にいれた母の勉強のさせ方を。

「娘の場合はお風呂に一緒に入って、髪をかわかしてあげる(勉強の時間の妨げにならないように)」

アホかと思ってしまう私はやっぱり低学歴だからなのか。その母に尊敬の念は抱きませんでした。

 

わたしは退職前の年収は500万前後で組み込みソフトエンジニアで工数管理などをしていました。残業なしの一日7~7.5h、わたしより年収の高い夫以上にコスパよく稼げていたと思います。

 

学歴があればないよりは選べる職種が増えるし、稼げる確率が非常に高いけど、それが全てと親から教育を受けてきた子供って怖い。低学歴を見下して生きていくのだろうよ。(偏見)

まあ、辛い勉強続けて受験戦争を勝ち取ってきたという努力や自信や経験は財産でしょうが、10代は多感で色々な経験を積む楽しい時期、他にも色々やることあんでしょ。

毎日勉強、学校から帰って勉強、塾で勉強、休みの日も勉強と親が洗脳してくそつまんねー人生を子供のころからやらせたくないわ。

 

夫は塾に通わず愛知県の公立進学高に進み、学校の補習授業のみで旧帝大の理工学部にストレートで合格してます。東京に出たいという浅はかな理由で東京の私立大に進みましたが。義母曰く、そこまで勉強に時間を費やしていなかったそうな。

 

だから我が子も塾に行かなくてもそれくらいのレベル(旧帝大にストレートで入れるレベル)であろうと思っている。

高学歴でも人並みの稼ぎの人多し。要は人間力でしょ。

 就職氷河期であった高学歴夫の友人に多かったのが商社、ITベンチャー、大手広告代理店、スーパーゼネコンでしたが高給取り(年収1000万以上)は半分いないのではないでしょうかね。

 

夫はその中でも一番年収は低いと思われます。。

子供達には夫とわたしと両方の生き方を見て学んでもらい、人間力をあげてもらいたい(笑)

学校の勉強ばかりして偏差値ばかり気にしていてはつまらない大人になります、多分。

 (したことないからわからないけど!)

 

最後までおよみいただき、ありがとうございました。 

参考にさせてもらっているテーマです。

にほんブログ村テーマ

100円ショップ

少ない服で着回す

MUJIの服でオシャレ&コーディネイト

◇家計簿*お金事情*◇

節約ライフ

節約貯金deゆとりのマネーライフ

子どものいる暮らし。
子育てを楽しもう♪

 

ランキングに参加してます。ぽちっと応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク