専門学校に通うママのくらし

2017年から栄養専門学校に通う双子ママです。貯蓄のこと、暮らしの工夫など。

人を簡単に信用してはいけない、この年齢で勉強になった事。悲しい・・。

こんにちは。
ご縁があり、ブログをご覧になってくださりありがとうございます。

 

「お金(物)を貸す時は、あげる気持ちで貸しなさい」

世間一般でもよく聞きますが、

子供の頃に親からよく言われていたことです。

 

「金の切れ目は縁の切れ目」

とも言いますしね。

 

今回、お金を貸したのではなく、

学校の同級生(19歳)に制服を貸したところ、

半年間返ってこないあげく、なくされた、

というわたしの話です。

 

なくしたその子が悪いのではなく、

この年になっても人を見る目がなかったわたし(37歳)が馬鹿だっただけなのですが。

 

人当たりの良いフワフワした感じの天然、

といった可愛いい雰囲気の女の子がいました。

その子が夏休み前後から、制服のスカートがなくなった

と困っていたのです。(仮名イカミさん)

 

調理実習班が一緒ということもあり、

「大丈夫?」とわけを聞いていると、

どうやら家がちらかっていて、探せば出て来ると思う 

 

とのこと。(ゴミ屋敷?親がいい加減なのかな)

わたしは制服のスカート2枚の他、パンツを1枚別注しているので

計3枚ある。

ちょっとした世話焼きを出してしまい

 

「スカートがみつかるまでわたしの制服を貸そうか?」 

と言ってしまったのです。

 

「え~本当ですか?!ありがとうございます。

 すぐに返します!」

 

ということで貸したまま、半年経過。。

まだ見つからないのかな?忘れている?

そろそろ就活をする時期になってくるのでスカートを

返してもらおうと思い、先日、

 

「ごめんね、そろそろスカート返してもらえるかな?」

 

と聞いたところ、

「・・・。」

「・・あの、実はなくしてしまいました。。」

「・・本当にごめんなさい。スカート注文して返します。」

 

あー、そうだったんだ。

返ってこなかったのはなくしたことを言えなかったからか。

そして、自分のスカートはすぐに見つかったらしい。

(履いていたスカートは6号だったのでわたしのサイズではない)

 

おせっかいして貸すなんて言ってしまったから、

こんな事になってしまった。

 

調理実習で使っている作業着を夏休みまで

1度も洗ってこなかったり、

ロッカーの中がぐちゃぐちゃだったり、

 

だらしない子、ということは薄々感じていたが、

まさか人から借りた大切な制服を簡単になくすほど

だらしないことは見抜けてなかった。

 

絶対返してくれると過信していた。見る目ないなー。

「貸すならあげるつもりで貸せ」、その通り。

 

スカートを注文するとなると、7,000円ほどかかるし

スカート、パンツ1着づつあるので、「注文しなくていいよ」、

ってことで終わりにしました。

 

あまり罪悪感がないのか、その話が終わった後で

「好きだった元カレが彼女と別れてフリーになったんです♡」

と嬉々として話してきたことに、悲しかったな~。

 

なんとも思ってないんだ、なくした事。。

よかれと思ってした事が、相手にはどーでもよかった事で、

そして仇となって帰ってきた。

 

「情けは人の為ならず」

まだ巡っているところかしら。

 

これ、自分のことだから、

まあしょうがないか、で済ませられるけど、

こどもが同じことになったらどうしよう。

 

 貸す側になっても嫌だし、借りた側になっても嫌だし。

この教訓になった出来事を生かして、

こどもにも、貸し借りの大切さ、厳しさをおしえて

なるべく貸し借りをさせないように教えていこうと思いました。

 

お互いにいい気持ちしませんね。。

 

退職して学校に通っています。 

www.ykmizoguchi.com

 

www.ykmizoguchi.com

 

 

最後までおよみいただき、ありがとうございました。 

参考にさせてもらっているテーマです。

 

にほんブログ村テーマ MONEY、資産運用、お金の増やし方へ
MONEY、資産運用、お金の増やし方

◇家計簿*お金事情*◇

少ない服で着回す

シンプル・ミニマルライフ

 

ランキングに参加してます。ぽちっと応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ


 

スポンサーリンク